6月14日(日)に、神奈川県の大磯にあるステパノ学園というところで、アンサンブルノマドの演奏があります。

今回は、強烈な作風で存在感を放つ十河雅典さんの絵とステージ上で共演、という趣向がありますが、僕としては海を一望出来るステージから(ステージ壁面がガラス張り)大磯の海を背景に、武満徹「海へ」を演奏する場面がある(ネタばらしになってしまいますが)のがイチ押し。

ギターはノマドのディレクターでもあり「海へ」の初演者でもある佐藤紀雄なので聴き手にとってもなかなかない経験だと思いますが、それ以上に共演者の(アルトフルート)僕自身がとても楽しみな瞬間でもあります!皆さん、お誘い併せの上、ご来場ください。詳細は以下のとおりです。

「アンサンブルノマド特別演奏会〜十河雅典個展オープニングコンサート」
日時:2015年6月14日(日)開演14:00

場所:聖ステパノ学園 海の見えるホール

全席自由チケット:3500円(1名) 6000円(ペア)

予約申し込み:田代(tpeatey@forest.ocn.ne.jp)0463 61 0568 まで

 

  • 武満徹「死んだ男の残したものは」「海へ」
  • フィリディ「アナーキスト、セランティーニの葬儀」
  • メシアン「世の終わりのための四重奏曲」
  • ボリスチャイコフスキー「無伴奏チェロ組曲」

 

nomad_leaflet_1506